明治36年 越中売薬用の薬缶を製造供給する目的にて中川製缶所を富山市柳町にて創業(6月25日)
中川善四郎が初代社長に就任(明治36年6月~大正元年8月)
大正元年 中川善次郎が二代目社長に就任(大正元年9月~大正5年5月)
大正5年 中川善次郎死去に伴い、中川善四郎が社長に復帰(大正5年6月~昭和2年8月)
昭和2年 中川滋二郎が三代目社長に就任(昭和2年9月~昭和58年5月)
昭和8年 工場を富山市下奥井に建設移転
昭和16年 工場を富山市奥田本町に建設移転
昭和26年 資本金100万円の株式会社に組織変更 社名中川プレス工業株式会社となる
昭和51年 工場を 富山市飯野地内に新設し、社名を昭北ラミネート工業株式会社と変更
資本金を2000万円に増資
昭和アルミニウム(株)の技術援助によりアルミ加工箔製造を開始
(ドライラミ機・PTP印刷コーター機・SL機 )
昭和58年 中川宏一が代表取締役社長(四代目)に就任(昭和58年5月~平成19年5月)
昭和62年 ドライラミ機(C-3)増設
SL機(S-3)増設
平成4年 フローティングコーター機(C-4)増設
SL機(S-2・S-4)増設
昭和アルミニウム(株)が資本参加
資本金を3000万円に増資
平成7年 缶の製造を中止し、完全外注化
平成12年 資本金を3500万円に増資
平成15年 ドライラミ機(C-5)増設
ホットメルト機・SL機(S-5)増設
工場クリーン化改修
創業100周年
平成19年 中川雄介が代表取締役社長(五代目)に就任(平成19年5月~)
平成22年 新工場建設 SL機(S-6)増設
フラッシュパトリテスター購入
平成23年 フローティングコーター機(C-6)増設
SL機(S-7・S-8)増設
巻替機(RW-2)増設
東京営業所・大阪営業所開設
平成24年 資本金を4200万円に増資
平成25年 第2工場完成、本社営業課(富山営業所)を同所に移転
フローティングコーター機 (C-7)・ SL機(S-9)増設
平成27年 向新庄事業所完成
CKD 300E機  導入
資本金を6300万円に増資
平成29年 フェニックス棟完成
フローティングコーター機 (C-8)増設
平成30年 断裁機(XC-1)増設
巻き替え・検品機(後刷り対応)(RW-3)増設
デジタルインキジェット印刷機(DP-1)増設
昭和16年頃(1941年)の中川製缶所(富山県富山市奥田本町)
写真右端 三代目社長 中川 滋二郎
昭和51年頃(1976年)の本社(富山県富山市飯野)